top of page
  • pedytam

6月は梅雨と共にあじさいの季節

更新日:6月22日

 お体に変調を来しやすい時期です。

特にお子様では、不安定な気圧、寒暖差などで風邪をひきやすい季節となります。長引く風邪は喘息発作の引き金にもなりますので、お子様の呼吸の状態(ゼーゼー、ひゅーひゅー、ペコペコなどの音がないか)や、機嫌の悪さなど、よく注意して見守ってあげましょう。お子様の病状は、思っているよりも早く進行する場合もありますので、もしそのような症状が出た場合は、速やかな受診をお勧めします。

 また、湿度も高い為、喘息発作の原因となるカビやダニも繁殖しやすい環境になります。空気の入れ換えや除湿機などで湿度を下げる工夫も必要と言えるでしょう。


 これから夏にかけて、各種ウイルス、細菌による感染症(ヘルパンギーナ、手足口病、プール熱、ヒトメタニューモウイルス感染症、溶連菌感染症など)も増えてくる季節です。

 特にRSウイルス感染症は、生後6か月未満のお子様の初感染時には重症化しやすく入院が必要になる可能性もありますので、呼吸が苦しそうなどの症状がある場合は早めの受診をこころがけましょう。



6月第5週の診療日のお知らせ

6/25(火)、6/27(木)、6/28(金)は通常どおり、

6/24(月)と6/29(土)は午前のみの診療となります。

                     

6/26(水)は、先生方の都合がつかないため、お休みさせていただきます。


*駐車場につきましては、キャロルマンションの奥まで入っていただきますと、手前3台(No.1~3)奥7台(No.24~30)の計10台分ございますので、ご利用下さいませ。


最新記事

すべて表示

いよいよ7月、梅雨が明け「夏かぜ」もこの時期ピークを迎えます。

夏休みを迎え、子どもたちにとっては、美しいセミ達の羽化に巡り会えるかもしれない待ち遠しい季節かもしれませんが‥この茅ヶ崎市内では既に夏かぜのうちの一つ、手足口病がかなり増えております。ヘルパンギーナは今のところ多くはありませんが、この2つの原因ウィルスであるエンテロウィルス、プール熱(咽頭結膜熱)の原因ウィルスであるアデノウィルスについては感染力も強くなる時期です。お子様の日々の健康観察と家族でで

予防接種、駐車場についてのお知らせ

予防接種は原則、予約制ですが、在庫があれば診療時間中随時受け付けております。 ・生後2ヶ月からのワクチンデビューのお子様 ・年長でMRワクチン接種予定のお子様 ・日本脳炎ワクチンのⅡ期接種予定のお子様 ・三種混合または四種混合の追加接種としての2種混合ワクチンⅡ期接種予定のお子様 ・その他定期接種が必要なワクチンを接種途中のお子様 ・自費のおたふくかぜワクチン、MRワクチンなど接種希望の方 ・子宮

診療再開のお知らせ及再スタートに伴うご挨拶

この度、患者様や、ご家族の皆様、その他関係者の皆様に長期休診となり多大なるご迷惑とご心配をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。心からお詫び申し上げます。 さて、田村小児科(院長 田村雄一)は35年もの間、地域の皆様方に密着し貢献したいという気持ちから患者様の笑顔に支えられ医療に邁進して参りました。 現在もその気持ちは変わる事なく院長は日々のリハビリに励んでおります。 この度、院長のリハビリに励

Comments


bottom of page